2013年6月22日土曜日

パイロット フリクションボール3 ウッド (PILOT Frixion Ball3 LKFB-2SEF-DBN)

今回は、当ブログでは初となるフリクションインクを
使用したマルチペン。フリクションボール3 ウッドです。

落ち着いたデザイン
同じインクで最も安価なものであれば200円程度で購入できますが、この
ウッドはフリクションでも高級バージョンにあたるモデル。

高級バージョンとはいえ定価で2,100円なのでボールペンとしては
そこまで高価でもないのでお手ごろ感がありあますね。

パイロットお得意の樹脂含浸カバ材
特徴としては、擦ると消えるフリクションインクを使用している点です。
これは摩擦熱を与える事でインクが無色透明に変化するハイテクインク。

フリクションインク自体は既にだいぶ知名度がありますね。
このペンはそのフリクションインクを使用した3色マルチペンです。

外観についてはウッドというネーミングがされているだけあって
グリップには木材が使用されています。
この木材はは樹脂含浸カバ材というパイロット製品にはよく使われている定番技術。

木材の色のバリエーションはダークブラウン、ディープレッド、ブラウンの3種。
以前ブログでタイムラインPASTのダークブラウンとディープレッドの2本のボールペンを
紹介しましたが、同じ色合いです。
ブラウンについては現物を確認できていないので機会があれば。
とりあげたいと思います。

スライドレバー式
方式について
芯出し方式は一般的なスライドレバー方式。このスライドレバー方式のメリットは
誰でもすぐに使える点。デメリットは安っぽく見える事でしょうか。

クリップについて
クリップは固定タイプです。しかし固定ながら良く工夫されているようで
それなりに柔らかく、胸ポケットにもしっかりと滑り込みます。
クリップを横から見ると中央部が絞られているのがわかります。
この絞りがしなりを作って柔らかさを演出しているのだと思います。

形状そのものも有機的なデザインで凝っていますね。

前回、ステッドラーのマルチペンの記事にてクリップのダメ出しをしたのですが
その反動もあって、このフリクションボール3のクリップの素晴らしさが際立ちます。


消せるって便利
筆記感について
筆記感についてはゲルインクだけあって滑らかでとても書きやすい。
リフィルの入手も容易で、ペン本体も多くの店舗で取り扱っているので
安心感のありますね。

数年前から職場のメモ帳のサイドには、フリクションBIZというボールペンを置いて
活用しています。この便利さは一度慣れると止められません(笑)
あまり高価じゃないのもポイントで、ある種最強の実用ペンじゃないでしょうか。

注意点
このフリクションインクは若干色味が薄いです。濃くないとダメな用途には不向きなので
注意しましょう。また公的な書類等には使用できないのでここも注意です。

オススメ!


文房具 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿