2013年6月20日木曜日

ステッドラー アバンギャルド (STAEDTLER avant-garde 927AG)

久しぶりの更新です。

今回は万年筆じゃなくマルチボールペン。
ステッドラー製のマルチペンは初めて購入しました。

デザインはシンプルでスマートな印象です。
私はナイトルブルーとブラストブラックの2本を購入。




素材はアルミを使用しているため、重量は約18gと軽量で
手に取ってみればその軽さが非常に良くわかります。
しかし、その軽量さ故に若干チープな印象も受けました。

塗装については基本的に全カラー艶消し塗装ですが、ブラストブラックだけ
他のカラーとは質感がかなり異なります。名前の通りブラスト処理をしたような
ザラつき感の強いマットブラック。
個人的にはこのブラストブラックは滑りにくく、汚れも目立たないので好みです。

ブラストブラック かなりザラザラ

ナイトブルー 質感はサラサラ


筆記感について
このペンは4種のマルチペンで
・黒
・赤
・蛍光オレンジ(マーカー)
・シャープペンシル
が標準で内蔵されています。

正直言って筆記感は最悪の一言。これは私の入手した2本がたまたまハズレ
だっただけかも知れませんが、カスレ、スキップ、マーカーに至っては殆どインクが
でないような状態。
お店に伝えて交換してもらう事を考えましたが、結局は他社製リフィル
に換装する事は揺るぎないので、そのまま使用する事にしました。

もしこのアバンギャルドを購入される場合は別途
他社製の4Cリフィルを用意する事を強くオススメします。

今回はストレスMAXになりながらノートを書きました。
いつも以上に殴り書きです。そして
1度書いた文字を何度も上からなぞって上書きしております(笑)

紙もボコボコになっちゃった……

またNGな点がもう一つあります。

ストレスMAXで書いたノート(字汚ねっ!)


それはクリップ
このクリップはスプリングのような機構は無く、爪で固定されているだけです。
それ自体は問題無いのですが、クリップがかなり硬くて
ペラペラの極薄生地でない限り、生地をクリップで挟めないのです。

今回、Yシャツの胸ポケットに挟もうとした私のアバンギャルドは
なんとクリップが外れて勢い良く飛んでいきました……

爪で引っかかってるだけの構造なので修理は簡単でしたがかなりの減点です。
また、アルミボディで4Cリフィル使用の振り子式というだけあって、胴軸から
発生するカチャカチャ音が結構派手でこれも、ちょっといかがなものかと
思います。

デザインは悪くないのですがインクといいクリップといい、まだまだたっぷり
改善の余地が残っているペンではないでしょうか。
同じ金額で国産マルチペンを買えば結構しっかりしたので入手できる事を
考えるとなおさらしっかり詰めてほしいものです。

もしこのペンを購入するなら是非リフィルを新油性タイプのものに
換装しクリップはオマケ程度に考えておくのが吉かと。


デザインは良いんだけどなぁー

なんだかんだ文句が多くなりましたが、デザインが好きで自分で工夫する
事ができる方であればオススメできるペンだと思います。

2013/12/05 追記
今年の10月に発売されましたジェットストリームプライムの4Cリフィルですが
このアバンギャルドに問題なく装着できる事を確認しました。

これでアバンギャルドを本命ペンにする事ができますね!


文房具 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿