2013年7月18日木曜日

ゼブラ シャーボXプレミアム(ZEBRA SHARBO-X TS10 SB21-B-GBK)

以前紹介したシャーボⅩ 質感、操作感ともに良くて個人的にはかなり
好評化なのですが、シャーボXには更に上位モデルにあたる
シャーボXプレミアムなるものがあります。

そんなシャーボXの最上位とはどれほどだろう?

興味が湧きつつもその値段に躊躇して、チラチラと雑誌やらネットやらを見る日々。
しかし我慢する程に膨らむが興味と物欲。

「気にしすぎるのは精神衛生上良くないぜ?」と心のかかりつけ医(悪魔)が
アドバイスするので、仕事帰りに丸善にてそそくさと購入しました。

よって今回はシャーボXプレミアム グラファイトブラックの紹介です。


SHARBO-X TS10 グラファイトブラック

とても綺麗なメッキ仕上げです。
メーカーサイトなどでは公開されておらず、断言はできませんが
黒色ニッケル系のメッキかな?と勝手に推測してみたり。

綺麗なメッキ仕上げ
SHARBO X のロゴ(実際はよく見ないとわかりません)


一部販売サイトでは「塗装仕上げ」と書かれています。
艶消し部は塗装かもしれませんが、艶有りの所はメッキだと思います。

「メッキも塗装でしょ?」と思われる方も多いかもしれませんが
上から塗料を塗る塗装と、科学的に金属類を析出させるメッキでは
全然違うので注意しましょう!
(特に販売主さん)

素地はブラスのようで、裏側から除くと金色の輝きが見えます。
全体的に質感が高く、プレミアムという名に相応しい出来栄えではないでしょうか。

TS10と以前紹介したCB8


寸法
TS10 グラファイトブラック (SB21-B-GBK)
全長142.9㎜
径11.8㎜
重量 30.2g

CB8 カーボンフラッシュシルバー (SB23-CFS)
全長 138㎜
径 10.8㎜
重量 25.7g

前回のシャーボX(SB23-CFS)よりもプレミアム(TS10)は頭一つ長く、太さも一回り
大きいので、人によってはちょっと大きいと感じるかもしれません。

径が太いのは単純にプレミアムのほうが1機能多いの為だと思われます。
私は比較的手が大きいので今回のプレミアムぐらいの太さでも全く違和感はありません。
このあたりは個人の好みではないでしょうか。


リフィルが収納される胴軸部にちょっとした違いを発見しました。
プレミアム(TS10)にはゴム状のジャバラのようなものが設けてあるのです。
(SB23-CFSには無い)

ゴム状のパーツ


このパーツのおかげか、どんなに強く振ってもリフィルどうしがぶつかった時や内壁に
ぶつかった際に発生する「カチャカチャ音」がありません。

SB23-CFSは強く振るとわずかに「カチャカチャ音」が発生します。

また回転させた時のクリック感もプレミアムのほうがより
しっかりとした「コシ」の強い感触になってます。

軸のネジ受けは樹脂パーツ CB8は金属パーツ
消しゴムカバーもしっかり高品質(笑)
クリップはスプリング機構
もちろん消しゴムは交換できます

プレミアムというだけあって細部にも細かな配慮があり、ゼブラの物作りへの真面目な姿勢を感じます。

リフィルに関してはシリーズ共通の4Cリフィル。
よって前回の記事同様、ゲルタイプのリフィルは燃費は悪く、できれば予備リフィルを持っておきたい所。

全種類を購入てし比較したわけではないのですが、恐らくSHARBO-Xシリーズの中では
文句なく最上位モデルらしいプレミアムな作りとなっていると思います。

非常に満足度の高いペンです!


もし購入を迷っている方は安心して(笑)購入して下さい。
きっと国内メーカーの本気を感じ取る事ができると思います。

こうなってくる、とロジウムメッキが施されたプルシャンブルーや綺麗で品のあるピンクゴールドの
ブロンズオーカーも気になってしまう…。

困ったものです・・・。


文房具 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿