2013年2月21日木曜日

COACH 万年筆 MonoMax付録 ②

前回紹介しました、雑誌付録のCOACHの万年筆。
新品にも関わらず、結構ニブが傷だらけであり、文虫的に
気になったいたので、自分で研ぎ出し研磨、調整、を行いました。

スチールニブなので、硬めの研ぎ味で時間がかかりましたが
比較的美しく仕上がったと思います。

曲面の研磨は偏ると反射する光が歪んでしまい、修復困難に
なるので慎重に行いました。
また、真横からみて反らないように均一に研磨するよう心がけて
作業しました。

この手の作業はジュエリーやアクセサリの加工経験やノウハウ
がある方でしたら、割と良い感じに仕上げられると思います。
(プラモデル等で精密な鏡面研ぎ出し、加工等が得意な方も)
※注意!!!! もし、この記事を見て安易に真似し、万年筆を
駄目にしても文虫は責任は負いませんので、悪しからず!
全ては本人様の自己責任において実施下さい。
また、初めて加工や改造される方はこれから100本以上
ペン先をダメにする位の覚悟をもって、挑んで下さい・・・。

今回使用した機器
・ルーター(ダブルベアリングタイプ)
・歯科用のシリコンビット数種
・純毛バフビット数種
・起毛タイプの超極細繊維クロス数枚
・企業秘密の自作コンパウンド数種
・白棒NW6000
・白棒NW8000
・3M ラッピングフィルム 複数
・タミヤ製 サンドペーパー 複数
・汎用シリコンシート
・精密ピンセット(逆作動タイプ)


作業工程についての詳細を書こうと思っていたのですが、
いざ文章で打ち出してみた所、自分が想像していた以上に
色々な作業や工程があり、文章にするのが大変でした。

よって、割愛します。(笑)

メ メンドクサイわけじゃないんだからね!

調整・研磨前  


調整、研磨後

これで濡れたようなしっとりとした艶の美しいニブになりました。


ペン先にあった深めの傷も綺麗に消えました。


製造時に発生する切削傷がひどかったニブの内側の傷も綺麗に研磨しました。

結構傷だらけ


ばっちり研磨!


この後ペンポイントとスリットの調整。
元々Mくらいの太さのペンポイントのくせにインクフロー
が良くないので、ちょっとフローを増やすように調整し、
その後軽く面取りして仕上げ!

これでCHOACH万年筆が満足できる書き味にまで
引き上げる事に成功しました。+質感もUP。
心なしか良い万年筆のオーラを感じます。
雑誌の表紙に移っているニブと同じ感じじゃないですか?