2014年1月21日火曜日

ペリカン エーデルシュタインインク アンバー Ink of the Year2013 (Pelikan Edelstein Ink AMBER)

エーデルシュタインシリーズ インク10個目

アンバー

Ink of the year 2013

人類が最初に使用した宝石とも言われているアンバー
むしろこれに関しては、和名の「琥珀」といわれたほうがしっくりくる。
正確には樹脂なので石ではないですが、長年の年月をかけて生まれる
琥珀の硬度は鉱物に匹敵する程硬いため、石といわれたほうがしっくりきます。

石言葉は「創造」



落ち着いた色ですね
前回のトルマリンに引き続き、ペリカンの特別色「Ink of the Year」の2013年版

私のブログの写真は全て携帯で撮影している事もあり
あまりキレイではありませんが実際のアンバーの色合いはなんとも言えない
風情があります。
筆跡の濃淡が緩やかで優しく、文化的な香りがします。
石言葉は「創造」ということですが、緩やかな濃淡の
筆跡からは「知性」を感じます。

ふとペリカンの「M800 茶縞」とあわせたらカッコイイかもと思いました(笑)

意外と和風、洋風どちらの雰囲気にも合わせられるので使いやすい色でもあります。
茶色ということもあり、季節的には秋の手紙にぴったりですね。

ひとまず現時点でエーデルシュタインシリーズのインクは全て出ましたね。
今年のInk of the Yearがまだなので楽しみです。


ちょっと暗い撮影になっちゃいました

0 件のコメント:

コメントを投稿