2014年1月19日日曜日

ペリカン エーデルシュタインインク ルビー (Pelikan Edelstein Ink RUBY)

エーデルシュタインシリーズ インク8個目

ルビー



ダイヤモンドに次ぐ硬度を誇るルビー。
男の分虫にとっては機械式時計の軸受のイメージがあります。
和名は「紅玉」

古代ギリシャやインドに話が遡るといった、歴史ある宝石
また一部では病気を治す力を持っていたと信じられていたそうです。

石言葉は「情熱・純愛」

どこか女性的な宝石ですね。


瓶からではルビー色には見えない。

インクは淡い紅色で、文字からも女性的な優しい印象を受けます。
濃淡はでてますが、色が淡いの為か緩やかに見えます。
梅や桜のようにも見えますので、和紙の便箋とあわせるととても
風情がだせそうです。

ただ男性にはちょっと使いどころが難しく上級者向けかもしれませんね。

こういう色を上手く使うことができる男性はとてもオシャレさんだと思います。



どこか儚げな淡さ


文房具 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿