2015年5月24日日曜日

ロットリング 800Series 0.5mm シャープペンシル (ROTRING 800 Mechanical Pencil 0.5mm)

こんにちは
職場が暑くて死にそうな文虫です。

女性は本当に暑さに強いですね!防犯の為に
締め切って淀んだ空気の中ホットコーヒーにカーディガンとは!
(苦行ですか!?)

男性陣はやはり暑いようで、休憩の度に用もなく
皆総出で外に出ている今日この頃。
(日陰の風が最高!)


さておき。
今日は万年筆ではなく製図用のシャーペンを取り上げたいと思います。

ドイツ ROTRING 800 Mechanical Pencil 0.5mm



ROTRING 800 Mechanical Pencil 0.5mm



むかーしむかしの高校時代に基礎製図検定を取ったのですが
その時に使用していたのがロットリングの製図セット。
その原体験の影響もあってか文虫はステッドラーよりも
ロットリングのほうがなんとなくですが好き。


製図用らしい佇まい



・ペンの紹介
この800シリーズはロットリングのペンシルでも
フルメタル+リトラクタブル機構を搭載したトップグレードにあたる。
最近はデジタルスタイラスとしても使う事ができる800+もある。

他にも製図用シャープペンシルとしては・・・

廉価な樹脂ボディの300シリーズ
樹脂とメタルのハイブリッドな500シリーズ
フルメタルボディの600シリーズ
などがあります。



使用時(ガイドスリーブは根元から先端まで 約1cm)



格納時(全長が1cm程短くなります)



・ペンの特徴
ロットリングの製図用ペンシルの流れを持った6角軸のソリッドな作り。
固定の600と違い800は繰り出し式のギミックを搭載していてキチキチと
ギミックを楽しむ事ができる。
適度なクリック感が心地いいので意味もなくキチキチしてしまうのが
悩み所(笑)

精度の高い切削加工によって口金部分のクリアランスは狭く
ガタつきはほとんど気にならない。
ただ注意深く意識するとガタを感じ取る事はできる。
このわずかなガタつきが気になるなら600をオススメします。

スタイラスとしても使える800+はガイドスリーブを格納した状態で
使用することができる。それ以外はほぼ800と同じ。
もしもスタイラスとして800+を購入する場合はその設置面積の大きさに
注意をしたほうがいいかもしれない。



内部に突起があり実際のクリアランスは見た目よりも小さい 約0.12mm前後





リング状の突起 直径 3.180mm



・デザインについて
デザインは円と直線で構成されたフルメタルで
いかにも工業製品然としています。

一見すると工場にあるポンチにも見えるロットリングの
製図ペン、この遠目からでもロットリングだとわか
るこの意匠は仏や伊ブランドとはベクトルが異なりますが
これも立派なブランドアイコンですね。

華はありませんが・・・
(でもそこが良いでしょ?)


滑りにくいブラスト塗装



・書き心地について
書き心地もソリッドでマルチペンにありがちなチャラつきや不快
な振動は皆無。純粋に芯の固さが


・まとめ
フルメタルのソリッドな造形に製図用ならではの長いスリーブが目を惹くシャープペンシル。
見た目に違わぬソリッドな握り心地と剛性感が精密ツールである事を感じさせてくれます。
ギミックとしてリトラクタブル方式なので実用面でも重宝します。
製図用ツールとしての性能と日常での実用性を兼ね備え、かつ所有欲も満たしてくれる
おいしい逸品。



間違いなく名品


文房具 ブログランキングへ


0 件のコメント:

コメントを投稿