2013年6月2日日曜日

パイロット プレラ 色彩逢い 万年筆 (PILOT PRERA iro-ai FPRN-350R-TLG)

パイロットのカジュアル万年筆 プレラ
そのスケルトンバージョン 色彩逢い(iro-ai)を購入したので
記録とレビュー。



PRERA iro-ai

このスケルトンバージョンは同社のインク 色彩雫(iroshizuku)との相性を
強く意識していると思われます。

という事で本来、色彩雫をいれるべきなのでしょうが、ペリカンのエーデルシュタインのボトルが
好きな私は、まだ未開封だったEdelstein_Aventurineを吸わせてみました。

もちろん他メーカーのインクの使用はメーカー保障対象外になりますのでご法度!
私はメーカーにお世話になるつもりは・・・以下略

このキャップどーおもいます?
デザインについては良くも悪くも国産的カジュアルといった印象です。
位置づけや価格的にもLAMYのsafariとぶつかる所ですがあちらは
カジュアルモダンな印象。

一言で表すなら

プレラ・・・かわいい万年筆
サファリ・・・オシャレな万年筆

という感じでしょうか。
国産メーカーのカジュアルは芋臭い印象ですが、個人的に
なんとも言えない安心感のあるデザインで好きです。
どこにあっても馴染むといいますか・・・。

ですがこのインナーキャップはいただけません。
せっかくのスケルトンなのに無粋な白色の樹脂がドーンとキャップの殆どを
占めている。これは大きく外観の印象を損ねている気がします。
透明だとインク汚れ等で汚くなる等の理由があるのかもしれませんが、それなら
せめてsafariのようにデザイン的工夫を施してほしかったです。


安心のニブ

ニブについてはなんの心配もしておりません。
いつものパイロットらしい素晴らしい筆記感。スチールニブらしい
ソリッドなしなりと、滑らかなペンポイントの滑り。
安定の品質ですね。

ニブ自体は以前記事にしました同社のコクーンと刻印以外は
ほぼ同じようですので、試してはいませんが互換性があるように見受けられます。
実売価格は概ね同じなのでさもありなん。
そう考えるとこちらはコンバーターが付属しているぶんお得感がありますね。


コンバーター(CON-50)が付属してるぶんお得かも?

ボディ自体はスケルトンなのですが、吸わせたインクの色が濃い為
透明感のある絵になっていません・・・。
淡色系のインクを吸わせたらガラリと華のある印象になるはずです。

またプレラは軸が太めで両端が平らないわゆるベスト型です。
これはきっとベスト型のほうが一般受けがいいからでしょう。

バランス型の万年筆は家内曰く「小説家みたい」だそうです。
一般的に万年筆そのもが小説家っぽいと思わがちなので
万年筆でバランス型で黒軸なんかだったりしたら
あだ名は間違いなく作家先生とかになりそうですね(笑)

色彩雫とあわせたい一本

感想
コクーン同様素晴らしい万年筆ですが、こちらは鮮やかなインクを使用したくなる
ようなワクワク感をくれる万年筆です。
同色系のインクで併せるのが良いと考えていましたが逆に違う色とあわせたほうが
カラフルで良さそうです。価格的にはsafariとかと同じではありますがこちらは
最初からコンバーターが付属するぶんお得かと。
またキャップの勘合の感触も良く、こちらはsafariよりもプレラのほうが上です。
金額的に同じなら常識的に考えても国産のほうがコストかかっている
可能性が高いのであたり前かもしれませんが・・・。

デザイン的にsafariじゃなきゃ!というこだわりが無ければ
こちらのプレラをオススメしたい文虫でした。


文房具 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿